Vernon Lee (Violet Paget)

アンジェリコ

フラ・アンジェリコ(Fra Angelico)

フラ・アンジェリコ

 1390~95頃~1455年。イタリア・ルネサンス期の画家。名前は「修道士アンジェリコ」の意味。フィレンツェで宗教画を描いた。ヴァーノン・リーはジョットの弟子としている。代表作に『キリストの変容』(Transformation)など。
 リーはEuphorionの'The Portrait Art'の中で、フラ・アンジェリコに言及している。彼のフィレンツェ聖マルコ礼拝堂にある磔刑図について、'greatest ceremonial crucifixion'と述べている。そして、この絵に描かれたキリストについて、bleachedでbonelessであるとし、もともと生きてもいなかったがゆえに死んでもいないもの、としている。
 リーはフラ・アンジェリコを、ルネサンス芸術から'antique'を廃した芸術家とみている。

『キリスト降下』

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional